遺品整理とは?時期ややり方を徹底解説|故人との思い出を大切に

query_builder 2021/12/08
ブログ

大切なご家族が亡くなり深い悲しみの中でも、さまざまな手続きや遺品の整理をしなければいけませんが、なにから始めたらよいのかわからない方が少なくないはずです。


そのような方に向けて遺品整理を始める時期や進め方などをご紹介します。


遺品整理とは


遺品整理は、亡くなった方の遺品を整理することをいいます。

遺品と財産を混同している方のいますが、この2つのタイミングや手続きが異なるので理解しておく必要があります。

遺品は、亡くなった方が所有していた家具家電や衣類などの日用品のこと、遺産は現金や不動産など金銭的価値が高いもののことです。


遺品整理をする意味は?


亡くなった方の荷物をそのままにしておかず出来るだけ早く整理しなければいけない場合は、後片付けの意味が大きいかもしれません。

しかし、一般的に遺品整理は、ただ物を片付けるということだけでなく亡くなった方との思い出を振り返りながら、気持ちに整理をつけるために行います。


遺品整理はいつから始めるべき?


遺品整理を始めるべき決まった適切な時期というのはありません。一般的には以下の時期に遺品整理を始める方が多いようです。


葬儀のすぐあと:亡くなった方が賃貸物件で生活していた場合、遺品を整理しないと家賃が発生してしまうため、葬儀のすぐあとなど出来るだけ早い時期に遺品を整理をする方が多いです。


四十九日後:仏教では、亡くなった方の魂は死後四十九日まで現世をさまよっているといわれています。現世から旅立った後に遺品整理を始めた方がよいという考えから、四十九日後は一つの目安とされています。


遺族の気持ちの整理がついたとき:遺品整理は、亡くなった方との思い出をよみがえらせてしまう作業のため、心の整理がついていない状態で行っても感情的になってなかなか進まないことが多いようです。

そのため、気持ちの整理がつき遺品整理を行おうと思った時期が、その方にとって適切な時期といえるでしょう。


遺品整理の流れ


まず漠然と遺品整理を始めてもだらだら時間だけが過ぎてしまうことが多いため、最初にスケジュールを決めてしまいましょう。

終了予定日を決めて、逆算して無理のない具体的なスケジュールを組むと、比較的早く終えることができます。

また後々、親族間でトラブルが起こることを避けるために、しっかり話合い合意してから遺品整理を始めることをおすすめします。


遺品整理は一般的に以下の流れで進めます。


1、遺言書やエンディングノートなど故人の遺志を表しているものが     ないか確認する。

2、貴重品とそれ以外のものに分ける。

3、貴重品以外のものは廃棄するものと買取に出すもの、取っておくものに分ける。


遺品整理をする時間が取れない、短期間で終わらせたい、肉体的に負担が大きく遺品整理できないなど自分で行うことが難しい方は、当社までお気軽にご相談くださいませ。

記事検索

NEW

  • 供養とお祓いの違いとは?遺品整理の際にはどちらをすべき?

    query_builder 2021/12/27
  • 良い遺品整理業者を選ぶためにチェックすべき4つのポイント

    query_builder 2021/12/17
  • 遺品整理とは?時期ややり方を徹底解説|故人との思い出を大切に

    query_builder 2021/12/08
  • 生前整理とは?断捨離との違いとは

    query_builder 2021/11/29
  • 家の権利証について

    query_builder 2021/10/28

CATEGORY

ARCHIVE